FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来るべき時が‥2度目のショック…

…先週の月曜日、15日の早朝5時過ぎ携帯電話が鳴った。

…故郷の兄からだ‥もう聞かなくても察しはついた。

…母が89歳の生涯に幕を閉じた‥臨終の知らせだった。

…19年前、父の時は親が亡くなるという場面に直面した時は覚悟をしていたとはいえ、

ショックは大きかった。

…そして母が‥これで自分の親はいなくなった。

…この2度目のショックは計り知れないほど大きく感じる‥。

…男は母への思いが父よりはるかに強いというが確かにそう思う。

…出棺の時、見送りに来てくれた近所の人たちの顔がとめども無くこみあげてくる涙で

見えなかった。

…不思議なもので生前昔話をしても懐かしさだけだったが亡くなってからは懐かしさより

場面の一つ一つを思い出すだけで涙する‥。

…病気をしたことが無く一生働きづくめで人生を終えた母にただただ感謝である‥。

…89年間ご苦労様でした。

…ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://showkensya.blog7.fc2.com/tb.php/197-9699d5a8

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。